文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい
案内を閉じる お使いのブラウザ(IE)はサポートされておりません。Edge、Chromeからの閲覧を推奨しています。

入札・工事情報

経営計画等

入札・工事情報

県立中央病院ER棟について

基本構想等

県立中央病院では、これからも県民の皆様に高度な医療を提供し、医療機関としての責務を果たしていくため、次の4つの機能を付加・統合したER棟を整備し、本館棟と連携を図ることで、救命救急をはじめとする医療提供体制の充実強化に努めます。

(1)救命救急機能

常時、高度な救命医療に対応する「救命救急センター」としての機能向上を図るため、ER棟では感染症外来をはじめとする救急医療を充実し、本館棟と連携した体制を構築します。

(2)災害対応機能

「基幹災害拠点病院」として、発災時に速やかに危機事象に対応できるよう、「災害対策本部」や「DMAT活動拠点本部」においてシームレスで実効性の高い機能を充実させます。

(3)人材育成機能

キャリアアップにつながる魅力的な研修体制を確保するため、シミュレーター等を用いて医療技術の習得を図るための施設「スキルスラボ」を整備し、専門性の高い人材を育成します。

(4)地域医療支援機能

医療分野での「society5.0」を実装するため、「5G網」により県立病院間を接続するとともに、「5Gオンライン診察室」を整備し、遠隔診療・遠隔診断・遠隔救急医療により地域医療を支援します。

ER棟の概要(イメージ図)等について

ER棟のイメージ図

<ER棟の整備概要>

  • 1階:「救急外来」「小児救急」を拡充するとともに陰圧設備を備えた「感染症外来」を整備
  • 2階:本館棟の内視鏡検査室を移設し、「内視鏡センター」を充実強化
  • 3階:通常時は5Gを活用した遠隔診療室や会議室、災害時は災害対策本部、DMAT活動拠点本部としてシームレスに対応
  • 4階:本館棟のICU(集中治療室)の拡充にあわせ、HCU(高度治療室)を仮移設
  • 5階:専用エレベーターにより本館棟感染病棟と直結

県立中央病院において、ER棟が着工の運びとなりましたので、令和3年10月20日に起工式を執り行い、令和4年末の完成予定を目指し、各種工事を進めております。
工事期間中は、患者の皆様、地元の皆様をはじめ、何かとご迷惑をおかけいたしますが、ER棟整備の目指すところをご理解いただき、ご協力を賜りますよう、お願いいたします。