文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい
案内を閉じる お使いのブラウザ(IE)はサポートされておりません。Edge、Chromeからの閲覧を推奨しています。

個人情報の保護

個人情報保護方針

当院は、個人の権利・利益を保護するために、個人情報を適切に管理することを社会的責務と考えます。

個人情報保護に関する方針を以下のとおり定め、職員及び関係者に周知徹底を図り、個人情報保護に努めます。
 

1.個人情報の収集・利用・提供

個人情報を保護・管理する体制を確立し、適切な個人情報の収集、利用及び提供に関する内部規則を定め、これを遵守します。

2.個人情報保護の安全対策

個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩などに関する万全の予防措置を講じます。万一の問題発生時には速やかな是正対策を実施します。

3.個人情報の確認・訂正・利用停止

当該本人(患者様)等からの内容の確認・訂正または利用停止を求められた場合は、別に定める内部規則により、調査の上適切に対応します。

4.個人情報保護に関する法令、規範の遵守

個人情報保護に関する法令及びその他の規範を遵守します。

5.教育および継続的改善

個人情報保護体制を適切に維持するために、職員の教育・研修を徹底し、内部規則を継続的に見直し、改善します。

6.診療情報の提供・開示

診療情報の提供及び開示に関しては、別に定める規則を遵守します。

7.問い合わせ窓口

個人情報に関するお問い合わせは、事務局経営・情報担当(内線1216)までお申し出ください。

制定平成17年12月1日
改正平成18年4月1日
改正平成30年3月31日
改正令和2年4月1日

徳島県立三好病院長
 

個人情報の利用目的

1.医療提供

  1. 当院での医療サービスの提供
  2. ご家族等への病状説明
  3. 他の病院、診療所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
  4. 他の医療機関からの照会への回答
  5. 患者さんの診療のため、外部の医師等の意見・助言を求める場合
  6. 検体検査業務の委託その他の業務委託
  7. その他患者さんへの医療提供に関する利用

2.診療費請求のための事務

  1. 医療・労災保険・自賠責保険・公費負担医療に関する事務およびその委託並びに診療費請求のための利用
  2. 審査支払機関へのレセプトの提出
  3. 審査支払機関又は保険者への照会
  4. 審査支払機関又は保険者からの照会への回答
  5. 公費負担医療に関する行政機関等へのレセプトの提出、照会への回答

3.管理運営業務

  1. 会計・経理
  2. 医療事故等の報告
  3. 患者さんの医療サービスの向上
  4. 入退院時の病棟管理
  5. その他、当院の管理運営業務に関する利用

4.その他

  1. 医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
  2. 医師賠償責任保険などに係る、医療に関する専門の団体、保険会社等への相談又は届出等
  3. 当院内において行われる医療実習への協力
  4. 医療の質の向上を目的とした症例研究
  5. 徳島県知事に対するがんに関する情報の届出
  6. 院内がん登録事業における国への情報提供
  7. 医療スタッフの資格申請(専門医など)を目的とした学会等への情報提供
  8. 厚生労働省が策定した医学研究に関する指針に基づき実施されている公益性の高い疫学調査等への協力
  9. 外部監査機関への情報提供
  10. 法令等に基づく情報提供

5.付記

  1. 上記のうち、他の医療機関への情報提供について同意しがたい事項がある場合には、その旨をお申し出ください。
  2. お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
  3. これらのお申し出は後から、いつでも撤回、変更をすることが可能です。

令和3年9月1日改正

徳島県立三好病院長

診療情報・試料等を医学研究・教育に利用する場合の包括同意のお願い

当院は、安全で良質な医療を患者さんに提供するため、日々努力を続けております。
医療水準の一層の向上を目指すためには、診断や治療の進歩に貢献する研究及び医療従事者への教育などに対する積極的な取り組みが必要不可欠であります。
このような医療環境の中にあって、徳島県立三好病院では、研究、教育、認定医・専門医・指導医等の申請のため、あるいは研修施設認定のために、患者さんの診療情報、試料等を利用させていただくことに対してのご同意を、ここに一括してお願いするものであります。
ご同意をいただくに当たっての説明内容は以下のとおりです。

  1. 診療情報とは、診療録(カルテ)、レントゲン写真や内視鏡写真、身体の写真など画像情報と血液検査、病理検査などの検査結果のことです。
  2. 試料とは、臨床検査に用いた血液、尿など、診断のための生検(内視鏡検査などの際に組織の一部を採取すること)試料、手術で切除した組織などです。
  3. 診療情報等を、研究・教育・認定医、専門医、指導医等の申請のため、あるいは研修施設認定の目的に利用させていただきます。診療検体等を研究に用いる場合には、わが国の研究に関する倫理指針等に従って厳格に利用します。
  4. 診療情報,試料等は、病院が責任をもって保存・管理し、適切に利用します。利用にあたっては、個人のプライバシー保護に最善の注意を払います。
  5. 患者さん本人の意思が確認できない場合は、代諾者(保護者・後見人など)の方に同意をお願いいたします。
  6. 同意していただいた後でも、いつでも同意を撤回することができます。また、不同意であっても、診療上の不利益を受けることは決してありません。 なお、同意していただけない場合は、主治医・担当医へお申し出いただくとともに、別にお渡しする不同意書へのご記入をお願いいたします。

令和4年3月31日

徳島県立三好病院長

臨床研究に関するオプトアウト

通常、臨床研究は文書もしくは口頭で説明を行い、患者さんからの同意(インフォームドコンセント)を得て行われます。これを「オプトイン」といいます。

同意には主として「文書による同意」と「口頭による同意」がありますが、臨床研究に関わる同意は、文書による同意を基本とします。

臨床研究のうち、観察研究(対象となる患者さんの診療データのみを匿名化して用いる研究)においては、患者さんに対して研究を目的とした積極的な侵襲や介入がないため、国が定めた倫理指針に基づき、必ずしも対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得る必要はないとされていますが、研究の目的を含めて、「研究の実施についての情報を通知または公開し、さらに可能な限り拒否の機会を保障することが必要」とされており、このような手法を「オプトアウト」といいます。

オプトアウトを用いた臨床研究は以下のとおりです。患者さんご自身のデータが使用されることを望まれない場合やご不明な点がございましたら、お手数ですが研究責任者までお知らせください。

当院にて承認されている臨床研究

研究名・研究責任者一覧
研究名 研究責任者 所属 研究責任者 氏名
人工関節置換術における手術支援機器によるデータ収集および解析 高度先進関節脊椎センター 新田 晃弘
手術アプローチと脚長差の研究 高度先進関節脊椎センター 新田 晃弘
全内視鏡下脊椎手術における3Dプリンターの有用性の検討 高度先進関節脊椎センター 岡田 諒